R012[雑記]麻雀ツモツモ

AppBankを救おう
・・・とか全く思ってない。

そんなAppBankさんの「麻雀ツモツモ」のレビュー的なもの。

■特長

iOS/Androidアプリの中にあって、珍しい縦画面の麻雀ゲーム。
これにはスマゲは縦画面でなければならぬ、というこだわりがあるらしく、どちらかというと横画面ゲーム好きな私に最初っから喧嘩売ってるゲーム(´゜ω゜`)

私はNEXUS7の7インチ画面でやってるから、それなりに描画環境は大きくていいんだけども、スマホ前提である以上、このレイアウトはスマホでプレイしている人には見づらいんではないか、と思う。
それに画面が大きくても、誤操作で捨てたくない牌を落としてしまいがちで、無駄に神経を使うゲームという実感がある。
悪印象ばかり書いてる気がするけど、実際はこの操作系、「片手でプレイできる麻雀ゲーム」というコンセプトとしては正しい。
持ち手でスマホを持って、親指で牌をスワイプ選択してタップすると切る操作は非常にシンプルで、マックスむらいさんが麻雀を流行らせたい、と言っていた根拠としても正に麻雀を知らない層から麻雀入門アプリとして気軽にプレイできる設計となっている。


■このゲームをレビューする理由

まぁ・・・例のヒカルさんコラボ動画なわけだけど、これな。

これのマックスむらい氏の教え方が結構うまい。
麻雀教える人って、結構初期の段階に「大三元」とか「国士無双」とか、華々しい役から説明しがちだと思うんだけど、本当に初歩の初歩の段階から知らない人へのレクチャーとして、初心者にも分かりやすい教え方をしてるので、知らないけど麻雀に興味がある人はこれを見て、ツモツモやってみるといいかもしれない。

そのための一助、AppBankを救いたい、・・・とは相変わらず思わないんだけど、カジュアルでプレイしやすいゲームだということでオススメはしたい。


■基本的にどんなゲーム?

麻雀ゲームだよ、ちゃんと卓が見えてる麻雀ゲームだよ、ルールは麻雀だよ。
・・・で済んじゃうんだけど、積み込みできたり他の人の牌が覗けたりする課金アイテムが売ってるだとか、そういうことは一切ない。
一応ガチャがあるけど、ガチャの訴求力は余りないと思う。
手アバターとかアイコンとかだけだし、それは本当に単なる彩だけの話で、それがなくてもゲームできるし、わざわざお金をつぎ込んでまでやるものではない。

ゲームモードは基本的には4つ。
ガチマッチ!4人東風戦:メインモードではあるけど、半荘やるわけではなく、東場だけ一巡したら終わり。
イベントマッチ!:コラボとかランクアップ経験値稼ぎなどのイベント用マッチ戦。一局戦という超シンプルなのとか。
無料マッチ!4人一局戦:対局にはゲーム内通貨を使うけど、無料マッチは無料でランダムマッチ対戦できる一局戦。単純に練習モードと見て良い。
フレンドマッチ!:LINEやTwitterで友達を招待して対戦する。やったことないw

半荘/全荘出来るモードがないので、本気で長時間麻雀したい人には向かないけど、5分~30分程度の時間で手軽にちょっと麻雀したいなって人には向いている。
ゲームモードでゲーム内通貨のことを書いたけど、ゲーム内通貨を賭け合って対戦しない。
あくまでゲーム内通貨はゲームの場代徴収というだけ。
もしかしたら今後、ゲーム内通貨を賭け合うモードってのができるかもしれないけど。
かえって、今のままのほうがゲーム内がギスギスしないで気軽にプレイできていい。

やってみた感触としては、非常に遊びやすい。
リーチをかければ待ちがどの牌か、フリテンしている場合はもうこれフリテンだよっていう牌とその牌がどれなのかを表示してくれる。
山から牌を自動でとり、切る牌を選択するまでの制限時間は8秒。
8秒を超えると現在カーソル選択中の牌を勝手に捨てられてしまうので注意。

チャットはできないが、挨拶程度に自分のアイコンをタップするとスタンプ送信は可能。
ほぼほぼエモと思っていい。
ただ8秒の中でスタンプ送ってたりするとミスるので他の手番になっているときに大体送ることになる。


■総評

私はどっちかってーと麻雀嫌いなのである。(嫌いなのかよ。
学生時代麻雀やってたりしたけども、麻雀やってると考えすぎて南場が来る頃には頭痛に悩まされて最期まで勝負に集中することができなかった。

コンピュータ麻雀もあるけども、なんていうかね・・・麻雀ってこう別にお金賭けてなくても博打くさいっていうマイナスイメージがある。
麻雀ツモツモやってみて思ったのは、そういう博打くささが余りこのゲームには感じられず、本当の意味でカジュアルな麻雀ゲームになっていること。
この点は初心者を受け入れやすく評価したい。

短所で一番に挙げるのは冒頭で言った通りの話で、視覚面と操作性上のデメリットが分かった上で縦画面にこだわってるってこと。
ぶっちゃけiPad買ってやってくださいね、くらいが一番快適にプレイできるツモツモ環境なんじゃないかと思う。
他の麻雀ゲームを知っていて、あえてこのゲームをやろうと思うかと言えば、まずそこの部分で見づらさや操作しづらさで訴求力がないのではないか。
麻雀としてはちゃんとした麻雀なんだけど、もう少し操作性には配慮してほしいかな。

初心者に対しては、立直する時にテンパるためにどの捨て牌を切ればいいか、それを捨てたら待ち牌は何になるのか、何枚残ってるのかまでガイドしてくれるので、そこの部分は非常にいい。
ルールを覚えるって点では、普通に麻雀を卓囲んでやってる初心者って、「それフリテンじゃん?」に泣く機会が頻繁にあると思う。
せっかくテンパってるのにルールがよく分からないままでいつの間にか川にある牌待ちで立直かけに行ってるとかね。

アバターやアイコンガチャは・・・ガチャ収入としては余り見込んでいないんだろう。
ゲーム内通貨でも引けるし、特にそこは評価の対象とはしない。
スマゲといえばガチャだろって短絡的な人は、ハナっからこのゲームやらないほうがいいかもしれん。

旧来的なやり方で、このゲームでの収益は広告収入に特化していると言ってもいいだろう。
ポイントモールでゴールド稼ぎましょうとか石稼ぎましょうの類である。
ただし、私自身このやり方は好かん(´・ω`・)
だからガン無視してるっちゃしてる。

あとの問題は・・・接続人数の問題かなぁ。
マッチングまでに時間がかかったりと、それほど多くの人が待機しているわけではないので、そこがネックと言えばネック。
対人戦で3~4人揃わなければ、CPUが入ってくれるからいいっちゃいいんだろうけどもね。
ヒカルコラボのアナウンスがあった時は、対戦に全く困らないほど接続者数増えたっぽいし、自分もその中の一人だけど、数日経った現時点で後が続いてないのはいかがなものか(´・ω`・)

整理すると、片手でプレイできて、比較的大画面のスマホかタブレットを持ってて、かつ麻雀知らない人が入門用にやるのが一番合ってる。
私は麻雀が嫌い、嫌いなんだけど、麻雀そのものは好きで、麻雀が一般的に醸す博打的なイメージと、自分が長時間プレイすると頭が痛くなるあの症状が嫌いってだけで、やり始めるとやっぱり楽しいんだよなぁ)Oo(・Д・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA