最近の空理さんのゲェム関係

なんかまた異様にやってるゲーム数が増えてきてる気がするのでそのへんの雑記(´・ω`・)

■ブラウザゲー

・・・というよりは最早DMMゲームズと言ったほうがいいんだけども、思った以上に長続きしている。

ただ、実質的にやっているというのは、かんぱにガールズだけで、艦これのほうは遠征オンラインしかできていない。
その艦これの事情を語れば、久方ぶりのイベ作戦参加を最近志したものの、E1攻略の段階で完全にやる気が削げて、一転遠征オンラインに戻ってしまった。
ただ単に「せっかく貯めた資材を浪費するのが勿体無い」というのもあるし、艦これが良きにつけ悪しきにつけ、そのゲームの仕組みから付きまとう制限されきった枠の中で、更に運任せと僅かな誤差レベルの工夫を見出すことに疲れてしまっている。
かんぱにと相反してしまうけど、艦娘を育てる気が逸失してしまったわけだ。
大和着任当初、「次期イベのために練度上げなきゃ」とやってはみたが、資材の浪費っぷりに辟易して中断したり、何かしら制限が多い中で毎月淡々とマンスリーこなす気力も起きず、「え?これ本当に楽しいか?」というとこまで行ってしまった。
未着任艦娘もまだまだ多いし、一向に通常海域でドロップしたり建造でなんとかできたりという要素も新規実装艦娘数に比べて圧倒的に少ないためにやる気がないと俄然邂逅することもなくなるのは当たり前で悪循環でしかない。
それでも毎日欠かさず遠征オンラインだけはしてるんだけども正直今回のイベ(17冬)で浮上するかに見えて、気がついたら毎度同じく自分で模索は無くWiki頼りで結果お題目をなぞるだけになってしまうのに辟易しちゃってもうだめだった。
なんか新たな方向性が見いだせない限り、もう私的にはあかんのやろう。

かんぱに。不思議な復活劇。
確かに2周年イベ時にやる気が戻ったことが功を奏した感はあるが、ぶっちゃけこれにしたって日々同じことを繰り返してるだけなのに持続性が変わらないのが凄い。
セイマニは序盤ハマってすぐに投げ出し、花騎士は肌に合わず(特に効果音がイヤ)、神プロはデザインが前時代的過ぎていかにもってかんじでDMMゲームズの中でもちょいやってみた系はあるんだけど、かんぱにが何故がぶれない。
それだけ復活時序盤に採用してそのまま秘書として傍らに居るレニさんの存在が大きかったのか、カレナのチートレベルに強い専用杖で起死回生となったのか、後者はノーマルクエスト進捗に物凄く影響を及ぼしたからやっぱりでっかいなぁと思う。
だって復活前までは、たかだか1部2章末で全く進めなくなって、あかんわこのゲームって投げ出したくらいだったのにカレナ課長が猛威を奮っている今、新章追加と同時に攻略終わっちゃうし、20人弱しかいなかった社員は100人超えてる。
異世界の扉が開いた時、開くまでの準備期間として次は攻略階層をもっと深くまで行けるようにするぞっていう目標があったり、強い武器持たせるぞっていう意欲があったり、モチベーションが維持できる要素がこっちにはあったってことなのかね。


■スマゲー

筆頭に挙げなきゃいけないのはロードラ・・・の筈なのにごくたまーにやって、あぁやっぱりロードラ面白いなぁ→終わり、みたいな流れが非常に多い。
そんなこんなで攻略状況って、東の大地を正に踏みしめたところで止まったまんまw
ロードラのモチベが落ちた遠因は、これも「こうあるべし」的な情報が聴こえてきて、じゃあそのユニット持ってなきゃだめじゃん、という手詰まり感があったのと、たまーに石貯まってユーリカ様にお願いするとダブって出てくるユニットの多さにもういいわってなったことが大きい。
幸いロードラは同一ユニットでもパーティ編成できるけど、それはあくまでネタとしての話で、攻略に影響するほど強化していくには昔と違ってクエスト達成で経験値もらえるにしても成長がさせにくいのは変わりない。
その割には、強化/進化素材めっちゃくちゃため込んでるけどな。

次点メルスト・・・の筈がこれもやる気になってない。
今やギルチャツールでしかない。
何がって、レイド要素なんぞ要らないのにそんなものを盛り込んでくるから、ソレが原因でクエスト終了後に割り込まれるのがすんごく嫌で土日ゴルドすら周回しなくなった。
昔に比べてメルストは本当に改善努力でどんどん遊びやすくなってはいるのにこれも「こうあるべし」ってのが増えすぎて、じゃあそんなんどうでもいいわ、って悪印象に結びついちゃって、ノーマルクエストすら7割消化で止まったままになった。
正直な話、空賊のギルマス誰か変わってくれないかなぁ、と思ったことは一度や二度じゃないけど、広げた風呂敷勝手に畳んだり押し付けたりするにもアレなので、継続しているが既にやる気はピークから比べて余りにも低くなってしまった。

そのメルストにトドメをさしてしまったのが、なんとにゃんこ大戦争だったりするから始末におえないwww
同じラインストラテジーというカテゴリのゲームで、メルストは皆で右へ進軍するのに対して、にゃんこは皆で左へ進軍する。
進軍方向が明暗を分けた・・・わけではない。
冷静に考えて、にゃんこには「貯める(耐える)タイミング」「出すタイミング」「ラッシュさせるタイミング」というのが下っ端にゃんこに至るまで役割分担されていて面白いのが大きい。
これ、序盤にアホみたいにスカウトしまくったメルストでは、自分のやり方の自業自得ってか、それをやったがために面白くなくしてしまった感が大きい。
にゃんこも実はゲーム性を評価して、第一次ハマり期だった4~5年前に8000円程度を資本投下しているけどもそれっきりお金でなんとかすることはなかった。
最近復活した時は、超激レアすら居ない状況で、カベネコとネコ忍者大好きマンなので、ウィニーデッキじゃうじゃうじゃ攻めこめーとばかりに出撃制限かかるまで画面に埋め尽くしてもなんとかなってきてた。流石にエイリアンやゾンビやボスが出てくる局面ではそんなの全く通用しないけど、前線をどこに設定するかとか割と考える部分があるから面白い。

大復活を遂げたゲームその2、かんぱにまで含めるとその3だけど、AngryBirdsシリーズの新作AngryBirds2も最近ハマってる。
ていうか大復活というよりは、新作でコンセプトはそのままにゲームシステムを今風に刷新してるから面白いんだけど。
同シリーズは無印→SEASONS→SPACE→RIOと遊んだけどもどれもシステム的には大きな変更は無く、変わるのは新種の鳥が追加されてたり、SPACEなんかだと重力やスイングバイ、RIOだとゲーム上での救出要素などの味付けが違うだけだった。
それらを色々と盛り込んで、対戦要素までぶちこんでしまったのがどうも今のAngryBirds2。
理屈じゃない、失敗したー!と思ってたら、実は結果オーライ的な凄い破壊が発生するのがまじでおもろい。
花に食わせて発射させたり、扇風機やワープポータルを駆使したり、無重力になったり豚が逃げたり(そのまま自滅したり)、なんだか想定外のことが色々起こりまくってクセになる。
問題は・・・いちいち広告が多かったり、セールへの誘導が多かったりする部分だけど、あれテンポ削がれるからほんと要らないのよなぁ。


■PCゲー、ゲーム機

Strongholdは昔のCastles的なただ自分が好き勝手に城を造りたいから城作りゲーいいなぁと思って買ったけど、マイクラをクリエイティブモードしかやらなかったのと同じで、フリーモードだけやってたら飽きた(´・ω`・)

RWBY:Grimm Eclipseは、最近RWBYにハマったからSteamで製品版購入した)Oo(・Д・)

・・・ただ、あぁ無双っぽーいって思ったけど、その範疇を出てないっていうか、これこのバランスでいいのか?っていう大味っぷりが拭えない。
恐らく、マルチプレイヤーゲームとしてデザインされてるからそうなるんだろうけど、それならそれでシングルとマルチでバランス変える気ないのかよって思った。
まぁ原作のグリムもこんなもんムリゲーじゃねぇかってくらいワラワラ湧いてくるから再現率たけぇといえばたけぇ。
ブレイクがなぁ・・・なんかリーチ短くて基本攻撃でもブレイクの持ち味である変幻自在の技を繰り出せないのが難点。
RWBYの4人組ですらなんか消化不足感あるので、DLCのJNPR4人組はちょっと買う気にはなれぬ。JNPRで使用したいと言っても唯一目茶苦茶な戦い方ができるノーラくらいだろうし。
DLCでCFVY4人組出たら考えるw
ベルベットの武器ホログラム複製は無理があるとしても、ココの鈍器バッグ→ガトリングは乱射したい。

ゲーム機、といってもPS2、唯一やってるウイイレ、しかも2010・・・いよいよ飽きた、というか呆れた。
マスターリーグも2040年シーズンまで進行して選手層も3代目くらいまで転生で入れ替わってる。
もう何作も言われてきてることだけど、コナミエフェクトの酷さって無制限に酷くなる一方なのかなって感じる。
というのも通算30シーズン続けて、その間に際限なくコナミエフェクトに磨きがかかっていって「理不尽と戦うだけの試合」に成り下がってしまった。
もはや自チームが足に行ってなくても危険そうなファウルじゃなくてもイエローカード突きつけられるのが当たり前で、逆にCPU側はとんでもなくダーティなファウルをしても流されたり止まってもカードも出なかったり、現実にそんな試合と言えば忌まわしき02WCのイタリア対韓国戦と似たようなもので、どのくらい理不尽か分かると思う。
自チームの選手がハイボールをトラップすれば、どんな能力的に大したことがない相手選手でも忍者のようにツートラップやターンをさせる間もなくくすねていくし、全てのルーズボールは自陣に不利な方向や相手クラブがキープできる位置に転がる。
おかげで何もできずになし崩しに前半20分で3点差つけられたりとかあって、せっかくのマスターリーグという歴代の優良コンテンツがボロボロに面白くなくなった。
クリロナやルカク、アグボンラホールでも追いつけないほどの格下の選手とかまじでありかよw
正々堂々と戦って、それでも負けたってのなら、気持ちよくその負けを容れることができるものの、ゲームシステム上既に負けを確定されるような試合に誰が本気になれようか。
そんな訳でいよいよサカゲーフリークとしては終焉。
FIFAシリーズは一度やったことあるけども、全く馴染めなかったから手をつけたくもない。あっちのが本物に近いとかそういう話をする人も居るけど、エスコンシリーズにそんなにミサイル積載できるかよwww非現実的だろwwwって言ってるのと理屈が変わらんから聞く耳持てない。

まぁ最近はそんなかんじである(´・ω`・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA