放蕩司令部380日目

前回からの放蕩艦隊の動き。
本来であれば、365日目、つまるところ皇紀2676年12月17日に記されるべきものだけど、そこはそれ。

皇紀2676年12月22日 阿武隈二次改装
皇紀2676年12月25日 伊8一次改装
皇紀2676年12月30日 水無月一次改装

以上(。・x・)ゝ

実は粛々と動いているような・・・まぁ、日々の遠征任務だけは欠かしていないといった温存状態が続き、ほぼほぼ遠征だけで阿武隈と水無月は改装まで練度を上げた。

・・・が、阿武隈やっぱり肌に合わないのね。
こういうのは余り阿武隈ラブな提督からすると、そんなこと言うなよって話かもしれんけど、私には合わないってだけの話。

何かの拍子で、今週頭に1-5なんぞをやってみた。
何かの拍子も何も阿武隈二次改装にあたって、改装設計図を消費しちゃったから、勲章稼がないとなぁと思ったわけだけども。
1回行ってボスS勝利で今の今までその次を忘れていた次第。
少なくとも勲章を集めないと、利根型の二次改装もなければ、翔鶴型の装甲空母化も芽が摘まれる。
分かってるんだけど、乗り気になれない。

ただなし崩しに遠征だけして、資源温存している風でもなく、実は12月10日に大型建造をやらかしている。
やらかしている、というのは箸にも棒にも掛からない結果に終わったというそれだけってことで。

皇紀2677年を迎えるにあたっては、春頃?くらいに持ち直してればいいなぁという次第。
要は無理にやる気を起こさせようとしてもあかんかった、とただそれだけ。
現在の海域進捗は6-1で止まったままなわけだけど、そこへ踏み入れようが踏み入れまいが、まだ放蕩司令部は存続する。
・・・じゃなければ、毎日欠かさず遠征なんぞしない。
とっくにどっかで忘れて、「あぁもういいや、一度途切れりゃ後も一緒だ。」ってなって仕舞。

幸いなことは、これは自己完結できるってこと。
つまり、辞めようと思えば辞められるし、続けようと思えば続けられる。
Android版は導入してない。
そこまでする気にはなれない。
これはかんぱにも然り。

・・・と書き始めた当初は、意気揚々と放蕩司令部の日常を書き綴ろうと考えたものだけど、どうもネガティブにしか書けないようになっているので、頭が持ち上がるまで今回をもって休止にする。

「放蕩司令部380日目」への2件のフィードバック

  1. かんぱに業務週報の方が心底楽しんでる分、生き生き書けそう。
    自ら作った場であっても、そこに縛られることはないかと。

    1. かんぱにって軌道に乗っちゃうと取り立てて書くネタが無くなるのよねぇ(´・ω`・)
      せいぜい社員採用、クラスチェンジ、昇進、後は+3~+4武器できたやでぇ、くらいかなぁ・・・あ、そんだけありゃ書けるのか。

      メルストと正反対でかんぱにのストーリーって全部スキップしちゃってるのでキャラクター相関とか実はあまり理解してなかったりする。
      たまたまうちにサラ=ムーン様とかレニさんが最初から居るためにノイバウテンくらいを知ってる程度。
      ファンブック持ってるくせに眺める程度しかしてないなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA