放蕩司令部333日目

前回からの放蕩艦隊の動き、1ヶ月ぶりにφ(・Д・)

皇紀2676年10月12日 伊26一次改装
皇紀2676年10月15日 長波一次改装
皇紀2676年10月17日 浦風一次改装
皇紀2676年10月19日 神風一次改装

以上。

皇紀2676年 9月15日、大和着任から以降、急ピッチで大和の練度を挙げることに執心していた。
他の人から情報は聴いてたので、薄々知ってはいたことだけど・・・。

大和を演習に参加させるだけで、正に湯水の如く資材が吹っ飛んでいき、遂に弾薬備蓄量が一時20000を割れるという事態に陥ったため、演習自体もやらなくなった。
現在は遠征3部隊がボーキと東京急行で備蓄を稼いでいるだけの艦隊運用。

考えてみればそうだ。
何もそんなに急がなくても良かったのだ。
放蕩司令部には放蕩司令部の姿勢がある。方針がある。

大和が着任した当初、「早く精鋭戦力化して、イベントの実戦投入に見合う戦闘力をつけたい」とばかり思ってた。
よくできてるわ艦これ。
無駄遣いをすればしただけ、自分に跳ね返ってくる。
決して演習は無駄ではないんだけど、オーバーパワーで挑んでいってる分、物凄く無駄弾が吹っ飛んでるというのは分かる。

後はモチベーションの問題だけど、正直なところ、一度パタリと動きを止めてしまえば、まず復活は見込めないというのが、私のソシャゲのプレイスタイルだから、それを危惧して「気持ちとは裏腹に」無理して継続させようとしてるのが心の負荷になってた。
しかし、他ソシャゲと艦これは明らかに違う。
どちらかと言えば、艦これは「ガーデニングゲームですw」に近い。
だからあくせくやったところで何の意味もない。

もうすぐ放蕩司令部開設から1年になる。
皇紀2675年12月17日から1年。
2年目に突入したら、すぐに盛り返す・・・とかそういうことは考えてない。
むしろ今はただひたすらに備蓄するしかない。

せめてマンスリー任務くらいはこなしたほうがいいのかな(´・ω`・)
気がついたら月が替わってること多くて、ほらアレだ、メルストの月次国イベを2周目に入ってからやらなくなってしまったみたいにちょっと出遅れると著しくやる気が削げる。

放蕩司令部は放蕩司令部のペースで。
所詮放蕩だし(´・ω`・)

「放蕩司令部333日目」への2件のフィードバック

  1. ウィークリーやマンスリーの報酬のメインはネジ等課金アイテムなので、潜水6で東方やるとか例外を除けば、基本赤字(´・ω`・)
    まぁ、一週間の間にそれを上回る遠征を出せばいいのだけど。

    いずれにせよ前提任務をいかに早く片付けるかが大事で、
    ■補給三隻
    5-4 3回クリア(運に左右されない)
    バシーに軽空母なしで逸れ狙い(資材とバケツ消費を抑えたい)
    オリョ逸れ期待(時間はかかってもギリギリまで切り詰める)
    ■い号
    5-4とか2-3ガンガン回して20隻(ろ号が出てれば4-2も無駄がない)
    ■海上護衛戦
    1-5 2回クリア
    みたいに計画立ててテキパキ片付けていけばやれないこともないよ。

    ただ無理してまでやらないのもありだし、それでもネジは欲しいなら買うという手も。キリがないのでお勧めはしないけど。

    1. 無理に起こすと更にモチベ激減するとかあるから、今はそっとしておいてあげて(´・ω`・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA