放蕩司令部248日目

皇紀2676年 8月16日 清霜一次改装
皇紀2676年 8月16日 伊8着任
皇紀2676年 8月19日 水無月着任(イベント報酬)

以上(。・x・)ゝ

さて、今週は本格的に2016夏イベに放蕩艦隊も参戦した。
本格的に参戦と言いつつダラダラはしてるけども。

まずはE-1ブンタン沖哨戒。
動画はE-1乙での最終戦。
E-1丙でゲージ破壊手前まではやってみて、乙行けそうかなぁと思い、難易度を一つだけ挙げてみた。
まだ持ってない一式陸攻を入手するためにではある。

最初に体験した艦これイベント2015冬のE-1と同様、潜水艦哨戒任務のため、やや気は楽だったし、今回の丙作戦は思ったよりもずっと楽だった。

本海域での武勲艦は何をおいても五十鈴さんしか居ないし、それはなんでかっていうと対潜先制攻撃まじ助かるってことだし、通常の対潜攻撃の破壊力でも一歩抜きんでてるんだから、もう何も言うことはない。

E-1乙完了後のもっさり掘り周回。

kancolle_20160816-102911931

はっちゃんが着任(。・x・)ゝ
待ってた。


E-2第二次エンドウ沖海戦、こっちは丙作戦。
札制限をかけさせないためっていうだけ。
この動画もE-2丙最終戦。

丙は比較的楽、とは言え大破撤退が無かったわけではない。
ただこれまでのイベント作戦海域と明らかに違うのは、E-2まで道中/決戦ともに支援艦隊を使用していないこと。
ていうか、支援艦隊の存在を完全に忘れてただけ。
まぁ、基地航空隊は使えたからアレだけど。
基地航空隊の編成がよく分からないままやって、結局ボス戦に航続距離が及ばない編成にしていたため、E-2ボス戦では結果的に一度も基地航空隊を使用できていない(´・ω`・)

艦隊編成に対する工夫もそれほどはなく、終始大淀さんを旗艦に軽空母がたまに入れ替わる程度で、ほぼ同一編成のまま。
現状うちで唯一の大発装備艦ってことで、ヴェールヌイに頑張ってもらった。


そういうアレで、現在E-3丙進攻中だけども、基地航空隊+支援艦隊を使わないとあっぷあっぷなかんじ。
あくまで道中大破を軽減するだけの話なんだけど、それでも時として慢心して危うい場面がある。

E-3丙攻略できたら、E-4もがんばってみようとは思う。
あと掘りももっさり気味に(´・ω`・)
海外艦の着任がまだレーベとマックスだけだかんなぁ。

「放蕩司令部248日目」への2件のフィードバック

  1. 8ちゃんおめ。
    こちらもやっとE4乙が終わった。春と同じぐらい精神的に疲れたよ。
    基地航空隊の航続距離を最大に伸ばすには、カタリナか二式大艇が必要なので、E1で頑張って秋津洲を掘っておくといい鴨。

    1. リアルのほうでストレスをためてきてるのもあって、艦これでまでストレスをためたくなくて、割と淡々とイベント終わってた(´・ω`・)
      手数の足りなさ、モチベの崩壊、2016夏イベは比較的E-3まではサクサク進んだけど、そこからもう一歩が踏み出せなかったわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA